クオリティも大切

就活生にとっての名刺は、企業と就活生の連絡手段の一つです。かなり有効な武器になりますが、使い方(印刷内容)によっては、こちらにとって不利になるため注意が必要です。また、個人で名刺作成を行う場合、名刺に使う用紙や印刷具合など、クオリティ面での心配もつきものです。名刺は連絡手段の一つであるとともに、名刺の印象で人物像にも影響を与えることから、名刺は自分の分身として考えておきましょう。このため、名刺のクオリティも高くあるべきであり、個人で作成するよりも名刺業者への依頼の方が安心することができます。

業者も仕事ですので、こちらの要望に応えてくれる名刺を印刷します。そのとき就活に使うといえば、それ用のものを印刷してくれます。業者は就活用の名刺もこれまでいくつも制作しています。そのノウハウを持っているので、企業に好まれる名刺を作ってくれるのです。ただ先に記したように業者は要望に応えるのが仕事です。こちらがどのように使うのか?どのような企業を要望しているのか(企業ウケするのか)?そのようなデータを細かく伝えないと、理想とする名刺はできません。業者は要望には応えてくれます。ですが要望を出すのは依頼主である就活生であり、その要望が濃すぎると1企業専用の名刺になってしまいます。妥協点を模索するには、業者との話し合いになりますので、連絡する前にしっかりとした計画をたてる必要があるのです。

参考サイト|https://www.designmeishi.net/
就活名刺の作成ができる「デザイン名刺.net」です。

使い方の難しさ

就活を行う際にはアピールが必要ですが、リスクというものはなるべく減らしたいものです。このため、マナーをきちんとおさえることで名刺の持つ効果をアップさせることができます。もし名刺を持っているのにマナーが分かっていなかったり名刺そのものがビジネスシーンに適していないものであれば、せっかくの名刺も魅力が半減してしまいます。名刺を持つということは、ビジネスへシーンへの知識も一緒に持っておくと良いでしょう。

企業や受け取る人によって求める人材には違いがあります。先に示した即戦力や育てるものという意識は微妙に違いがありますし、センスにも差があります。名刺はその人のセンスとして認められるのです。これらは企業によってそのラインは違ってきます。そのためかなり繊細なものとなるのです。就活生が名刺を作成する場合、就職活動にプラスに働くような名刺を作成する必要があります。名刺には何を書いても良いという訳ではありません。不必要な内容が書いてあると、せっかく名刺を作成してもあまり良い印象を持たれない可能性があります。このため、名刺には必要事項のみを記載するようにしましょう。

基本的なイメージとして、名刺には氏名のほかに、所属先の名称や連絡先を記載するようになります。大学名と学科や、専攻しているコースの名称をいったものは、自分がどんなことを学んでいるかが分かるようになるため、人物紹介として十分であると考えましょう。

ビジネスマナー

通常、名刺というものは、その人の連絡先が示されているものであり、就活生にとってもそれはなんら変わりません。また所属先や関わっている事柄を示すこともあり、その人を示すものでもあります。学生時代、サークル活動を行っていると、交流のために名刺が必要になることがあり、使っていた人も多いと思います。それでは、就活生の名刺は実際どのような使われ方をしているのでしょうか。就活生は、インターンで企業に出向いたり、企業説明会に参加をして、自分が就職したいと思う会社の採用担当に会う機会があります。この時、挨拶をする機会があれば、採用担当と名刺交換を行うことができます。

ここで重要となるのが、名刺交換の際のマナーです。渡し方、受け取り方がしっかりとしていれば、就活生の時点でビジネスマナーができている人という認識をされることや、名刺の存在があることで学生気分ではなく、すでに社会生活を意識しているという印象を与えることができる可能性もあるのです。名刺を持っているからと言って自分の名刺ばかりを大事にするのでは意味がありません。相手から名刺を受け取る際のマナーをきちんと学んでおくことや、目下からの挨拶という部分をきちんと把握した上で名刺交換を行うようにしましょう。

就活生の名刺

就活生学生の人も名刺を持つ時代になって、就活生も必須アイテムのように名刺を活用しています。
学生時代の名刺というのは、そのほとんどは個人を示す名刺であり、社会人のそれとはまったく別のものです。
学生の名刺は個人そのものを示すというより、所属しているサークルなどの交流用に作られており、それはサークル内でしか通用しないものです。
しかし就活生の名刺の場合は利用価値が高いもとなります。OB訪問などで、名前を憶えてもらうためのアイテムは必要になってきます。反対に、就活生にとっての名刺は、社会人が持っている名刺ともニュアンスが変わります。
名前を憶えてもらうという点では同じですが、社会人の場合では、肩書、役職なども大きなポイントとなってきます
。就活生の場合は名前を憶えてもらうことや自分をアピールするためのツールとして使われています。

このため、今まで学生として使用してきた名刺は、必ずしも有効なアイテムになるとは限りません。就活生である大学生は、就活をするときには学生でありながら就活生という立場になります。就職活動を行う学生であり、普通の大学生とは立場が違うのです。そのため就活を行うためには、就活専用の名刺というものが必要になります。この名刺は単純なものですが、かなり繊細なもので文章で表現するには非常に微妙なものになってきます。そのため自分で印刷するのではなく専門の業者に任せたほうが安心できるものでしょう。