クオリティも大切

就活生にとっての名刺は、企業と就活生の連絡手段の一つです。かなり有効な武器になりますが、使い方(印刷内容)によっては、こちらにとって不利になるため注意が必要です。また、個人で名刺作成を行う場合、名刺に使う用紙や印刷具合など、クオリティ面での心配もつきものです。名刺は連絡手段の一つであるとともに、名刺の印象で人物像にも影響を与えることから、名刺は自分の分身として考えておきましょう。このため、名刺のクオリティも高くあるべきであり、個人で作成するよりも名刺業者への依頼の方が安心することができます。

業者も仕事ですので、こちらの要望に応えてくれる名刺を印刷します。そのとき就活に使うといえば、それ用のものを印刷してくれます。業者は就活用の名刺もこれまでいくつも制作しています。そのノウハウを持っているので、企業に好まれる名刺を作ってくれるのです。ただ先に記したように業者は要望に応えるのが仕事です。こちらがどのように使うのか?どのような企業を要望しているのか(企業ウケするのか)?そのようなデータを細かく伝えないと、理想とする名刺はできません。業者は要望には応えてくれます。ですが要望を出すのは依頼主である就活生であり、その要望が濃すぎると1企業専用の名刺になってしまいます。妥協点を模索するには、業者との話し合いになりますので、連絡する前にしっかりとした計画をたてる必要があるのです。

参考サイト|https://www.designmeishi.net/
就活名刺の作成ができる「デザイン名刺.net」です。