使い方の難しさ

就活を行う際にはアピールが必要ですが、リスクというものはなるべく減らしたいものです。このため、マナーをきちんとおさえることで名刺の持つ効果をアップさせることができます。もし名刺を持っているのにマナーが分かっていなかったり名刺そのものがビジネスシーンに適していないものであれば、せっかくの名刺も魅力が半減してしまいます。名刺を持つということは、ビジネスへシーンへの知識も一緒に持っておくと良いでしょう。

企業や受け取る人によって求める人材には違いがあります。先に示した即戦力や育てるものという意識は微妙に違いがありますし、センスにも差があります。名刺はその人のセンスとして認められるのです。これらは企業によってそのラインは違ってきます。そのためかなり繊細なものとなるのです。就活生が名刺を作成する場合、就職活動にプラスに働くような名刺を作成する必要があります。名刺には何を書いても良いという訳ではありません。不必要な内容が書いてあると、せっかく名刺を作成してもあまり良い印象を持たれない可能性があります。このため、名刺には必要事項のみを記載するようにしましょう。

基本的なイメージとして、名刺には氏名のほかに、所属先の名称や連絡先を記載するようになります。大学名と学科や、専攻しているコースの名称をいったものは、自分がどんなことを学んでいるかが分かるようになるため、人物紹介として十分であると考えましょう。