ビジネスマナー

通常、名刺というものは、その人の連絡先が示されているものであり、就活生にとってもそれはなんら変わりません。また所属先や関わっている事柄を示すこともあり、その人を示すものでもあります。学生時代、サークル活動を行っていると、交流のために名刺が必要になることがあり、使っていた人も多いと思います。それでは、就活生の名刺は実際どのような使われ方をしているのでしょうか。就活生は、インターンで企業に出向いたり、企業説明会に参加をして、自分が就職したいと思う会社の採用担当に会う機会があります。この時、挨拶をする機会があれば、採用担当と名刺交換を行うことができます。

ここで重要となるのが、名刺交換の際のマナーです。渡し方、受け取り方がしっかりとしていれば、就活生の時点でビジネスマナーができている人という認識をされることや、名刺の存在があることで学生気分ではなく、すでに社会生活を意識しているという印象を与えることができる可能性もあるのです。名刺を持っているからと言って自分の名刺ばかりを大事にするのでは意味がありません。相手から名刺を受け取る際のマナーをきちんと学んでおくことや、目下からの挨拶という部分をきちんと把握した上で名刺交換を行うようにしましょう。